◆ベルギー(ブリュッセル、アントワープ)の旅

2012年4月にフランスとベルギーに行きました。ベルギー滞在は約2日間でしたが、充実した観光ができました。
特に食事は美味しくて大満足でした(^o^)丿 (★は5段階評価です)

ベルギー、フランス ●食べるところ
@シェ・レオン  ★★★★★
グラン・プラスのすぐ近くにある有名店。広い店にほぼ満席の客がいたけど、店員が手際よく案内してくれて、
すんなりと食事ができた。名物のムール貝と、フリッツ、ビールのセットと、ワインとサラダを注文。
どれもおいしくて大満足。特にベルギービールが最高だった。
LEON

Aメール・デュ・ノール  ★★★★★
グラン・プラスから少し歩いたところにある魚料理立ち食いの店。隣の人が場所を譲ってくれたり、
食器を準備してくれたりして、ありがたかった。キベリング(白身魚のタラ)と、カジキマグロの
ステーキを注文。カジマグは激うまだった。地元の常連客で賑わう雰囲気もよく、かなりオススメ。
Mer du Nord

Bミン  ★★★★☆
ブリュッセル中央駅から少し歩いたとこにある楽器博物館。ここの1番上の階にカフェがあって、
入場料なしで入れる。フルーツビールとホットチョコレートを注文。フルーツビールは普通だったけど、
接客もいいし、窓からグラン・プラス界隈が見渡せる眺めもよく、のんびりくつろげた。
Min drink Min

Cワッフルショップ(リエージュ風)  ★★★★★
グラン・プラスの市庁舎と星の家の間の小道にあるワッフルショップ。近くにセルクラースの像
(下記、観光スポットで紹介)がある。リエージュ風の焼きたてワッフルは最高に美味しい。
最初は、3ユーロくらいの生クリームやイチゴのトッピング付を頼んだけど、生地だけでも十分
美味しいことに気づいて、2回目は1ユーロの生地だけを注文した。すぐ隣に、ブリュッセル風の
ワッフル店があって食べ比べてみたけど、生地がもちもちして甘いリエージュ風の方が好みだった。
Waffle

Dレオニダス  ★★★★★
グラン・プラスのすぐ北側にも小便小僧前にもあるチョコレートショップ。たくさんの種類のチョコから箱に
詰められるだけ選ぶ方式で、どれにするかめっちゃ迷う。でも、それが楽しい。選んでる途中、店員さんがチョコ
を試食させてくれた。本場のチョコはやっぱり格別!ここのチョコはお手頃価格なので、お土産に何箱も買った。
Leonidas chocolate

●観光スポット
@グラン・プラス  ★★★★★
ブリュッセル中央駅から5分くらいのとこにある”大広場”。ブリュッセル観光の出発点。観光客や地元の人でいつでも
賑わっている。●食べるところ@〜Dも、全部ここから歩いて行ける。15世紀に建てられた市庁舎をはじめ、四方を囲む
歴史的建造物は圧巻。普段の夜のライトアップもきれいだけど、クリスマス期間の音と光のショーはもっとすごいみたい。
Grand Place

A小便小僧  ★★★☆☆
ジュリアン君。グラン・プラスから近いとこにいる。有名だから一応写真撮った。ただそれだけ。
Manneken Pis

Bタンタンの壁画  ★★★☆☆
街を歩いているといろんなところに見つかるのがちょっと楽しい。観光スポットというべきか分からないけど。
TINTIN

Cジュ・ド・バル広場の蚤の市  ★☆☆☆☆
ガイド本では安くてかわいい掘り出し物があるって書いてあったけど、1時間くらい探した結果、1個も買いたいものがなかった。
ブリュッセル南駅の近くにあり、北駅近くのホテルから30分くらいベルギーの街を散策できたことがよかったかな。


(ここからアントワープ)
Dノートルダム大聖堂  ★★★★☆
アントワープに行く目的は、普通ココ。ベルギー最大のゴシック建築らしい。中には「キリストの昇架」「キリストの降架」「聖母被昇天」
といったルーベンスの名作がある。フランダースの犬の舞台なので日本人観光客が多く、関係ないツアーガイドの話を横耳で聞ける。
Rubens Vrouwekathedraal

Eネロとパトラッシュの記念碑  ★★★☆☆
ノートルダム大聖堂から数十mのとこに、○ヨタさんプレゼンツの記念碑がある。フランダースの犬の話はほとんど知らないので感動が薄い。
explanation man and dog

F市庁舎とブラボーの像  ★★☆☆☆
ノートルダム大聖堂のすぐそばにある。ブラボーの像は、巨人の”手”を”投げ”ようとしているが、これが”アント””ワープ”の語源。なるほど。
Brabo horse
ベルギーの紹介は以上です。 arucoというガイド本を見て行ったので、詳しい内容はその本を見て頂くと分かります。 機会があれば、いつかまた行ってみたい国です。
HOMEへ