2006年02月25日
  今日の激熱いストーリー
「プリーズ テル ミー ユア 激熱いストーリー」(by セイン・カミュ)というわけで、今日は激熱い話をしたいと思います。っていうか、話したくてたまりません。

23日に、修論&博論発表お疲れ会をしたわけですが、その帰りにビックリマン20thを箱買いしました。 (といっても、箱に9個しか入ってませんでしたが。)
そりゃまあ僕らはビックリマン世代なので「ヘラクライスト」だの「魔肖ネロ」だの出てきて懐かしくなりました。 そこで家に帰って、昔集めたシールを見てみました。
せっかくならレアなシールとか持ってないかなと思って、ちょっとネットでレアシールを検索してみました。 そしたら‥



ありました! それは、



なんと、



「福袋版ブラックゼウス」。
まぁ、聞いてもピンとこないと思いますが、一回、ネットで検索してみてください。 なんと「福袋版ブラックゼウス」ってのは、ビックリマンシール数あれど、その中でもレアさが最高峰らしい。 正月の福袋にしか入ってなかったもので、マニアなら誰もが手にしておきたい一枚みたい。たぶんsarukunは友達とシールを替えっこ(交換)して持ってたんだと思います。 で、その値段はというと、「まんだらけ」の買取価格で、




85,000円と書かれていました。 シールは保存状態で価値がかなり違ってくるけど、sarukunのはそこそこ美品と思います。 せっかくなのでシールの写真を”レアシール!”に載せましのたで、興味あったら見てみてください。


 2006年02月23日
  今日までの激きついストーリー
久々、日記更新のsarukunです。
1月15日以来、一ヶ月以上たっちゃいました。そこで、今日はこの約一ヶ月を振り返ってお伝えしたいと思います。
では、まずこの一ヶ月の間に生まれた名言を二つ紹介します。

「やべっ、4時間も寝てしまった!」
「寝たらそこで試合終了だよ。」

これらの言葉に、この一ヶ月のキツさが集約されています。なぜこんなことになったかと言うと、1月15日に日記に書いたように「修論」がまじヤバかったからです。
修論のスケジュールは、
2月15日 17時まで要旨提出
2月17日 17時まで本文提出&17時から発表練習
2月21日 プレゼンファイル提出
2月22、23日 発表(sarukunは23日)
で、一週間に「提出〜発表」が詰まってました。

この場合、通常、1月中旬くらいから修論書いて(それでも遅いくらい)2月の頭にはほぼ完成してるもんだと思います。

しかし、僕たち○辺研のM2三人(sarukun,ロールパンさん、サッカー好き!さん)は違ってました。2月に入っても実験してたり、忙しい時に大事な計算ノートを失くしたり、それはもう大変でした。中でも、一番キツかったという噂のsarukunのスケジュールは、

1月4日〜1月末 寝ても覚めても実験
1月末〜2月2日 実験データの整理
2月3日くらい やっと修論を書き始める
2月10日くらい やっと「実験方法」と「序論・結果の一部」を書き終わる
2月11日 要旨を書き始める
2月13日 助教授になんとか要旨を認めてもらうが、もう一回データ整理を要求される。しかも、教授に根本的な理解不足を指摘される。
2月15日 なんとか教授に要旨を認められ提出。しかし、2日後の本文提出までに「序論・結果・考察」など図以外で10ページ以上書かなければならない!
2月17日 一週間くらい3時間ペースでしか寝てないのに、ここで寝たら試合終了のため、徹夜をしてやっと本文完成&提出。しかし、プレゼンを全く作ってない状況にもかかわらず、3時間後に発表練習をしなければいけないという窮地に立たされる。それでもなんとか1時間遅れで発表練習を終える。
ここで一息入れちゃう。夜は飲んで、10時間くらいガッツリ寝る。
2月20日 18日、19日とつい気を抜きすぎたため、プレゼンの準備があまり進んでいない‥。
2月21日 必死でプレゼンを作ったが間に合わず、提出期限を22日に延ばしてもらう。
2月22日 ロールパンさんとサッカー好き!さんは素晴らしい発表をしたが、sarukunだけ次の日の発表に向けプレゼン作りに追われる。しかし、またも間に合わず、提出期限を最終手段の発表直前にしてもらう。23日の9時から発表なのに、22時に行った発表練習でロールパンさんたちに、”ちょい直しか、ちょい直しじゃないか、と言われるとちょい直しではない”くらいの直しを提案される。夜中2時くらいにやっとプレゼンが完成。そこから、ひたすら一人で発表練習。
2月23日 徹夜明けなのに原チャで40分かけて発表会場到着。プレゼンファイルをパソコンに入れて、発表。さなえ先生に、「きついこと言いますが、あなた科学者として失格です。」と言われるが、なんとか発表を終える。

という日々を送ってました。とにかく、無事修論発表まで終えることができてよかったです。会社に入ってもキツイと思いますが、これだけキツイことはあまりないと思います。
しかし、まだ卒業まで、実験も修論の書き直しもしなくちゃいけません。去年までのM2とは全く扱われ方が違います。でも、あと一ヶ月なんで、やれるだけやって、最後は笑って卒業しようと思います!


HOMEへ